終わりが近い夏 魚と教師の思い出

台風11号 バイルー (マレー語っぽい響き)は高雄南部を大陸に向かい、平和な沖縄は波、風は強いが快晴となった。 このまま直撃が無い事を祈る。人間が無事って事は蜂の巣も無事なのかも。2度目の刺されは避けたい。

結構強風が続き、支柱を増やした震災向日葵だが強く結えると成長が早く、妨げる事になり難しい。先に咲いた1輪はすでに下向きで、老人の様な雰囲気を出しており、高さもドンドン抜かれ出した。哀愁向日葵だ。

f:id:info-tino:20190825100252j:image

晴天の今朝は朝の内に洗濯機を回しながら自転車で学校へ行き。水遣りと普段手が回らない植え替えや種子巻きを軽く済ませ。 帰宅後丁度終えた洗濯物を干し、マンディ(水浴び)で落ち着いた。涼しい夜だったが身体を洗うと感じる爽快感から察して寝汗をかいていたのだろう。

今年は運転免許の更新があり、先日島で講習を受けて来た。更新申請は後日、限られた平日の限定された時間に久米島交番で申請。

県証紙は既に購入した。後は写真。しばしお待ち下さいお殿様。

 

刺身屋糸数の奥さんにカジキの切り身購入時に「どう食べるか」訪ねられ、スープかソテーと答え、ソテーもフライパンかグリルで焼き、網を持って無いと話し、ふと思いついた。鶏胸を湯で熱し、棒棒鶏の様に食すのが好きだったが最近していない事とカジキの利用だ。内地の感覚ではカジキが勿体ないが、やってみよう。

ゆがく時ついでにオクラを混ぜ、ポン酢、胡麻油、胡椒で頂く。 オクラは安価で、彩りもいいので最近ビビンバ風にして弁当オカズの定番だ。 併せて見よう。 

f:id:info-tino:20190825093049j:image

ところでムツぶりの刺身を最近頂いた。ブリらしい油と締まった身がアンバランスで美味しい。高校時代に富山の寿司屋で、握り締めた千円で並握り1人前700円を食し、中学時代は梅田の地下阪神前カオスで立食い寿司色分けされた皿100円-200円で皿数を悩んだのを思い出した。意識していないが魚好きだったのか。

高校時に現国の八十島先生が読み聞かせて下さった私小説の一説に昭和初期の高校生が(学生さんと称され)背伸びして寿司屋に行き、帰り際に暖簾の角でそっと指を拭く一説を思い出した。 当時は大人の真似事を試みる一節だと思ったが、全体の空気感を懐かしく愛おしく思える自分は老いたのだと。

当時の先生は60代、大学を退任されて高専に非常勤で来られた。まだ追い付けない。


f:id:info-tino:20190825093139j:image

f:id:info-tino:20190825100043j:image

f:id:info-tino:20190825093142j:image