今日、会社を辞めました。(個人忘備録日記です)

不摂生からの疾病にてリハビリ生活の為 今日、中年退職しました。

4連休2日目 晴 洗濯日和 Unnatural harmony

今のメディカルキット、手肌クリーム、抗生物質クリーム、体温計、マスク、飲用中お薬、日焼け止め。

f:id:info-tino:20200223084317j:image

 

日曜朝、何時もの時刻に小鳥が囀り出し、次いで鶏が鳴き始め、バスか大型車が通るディーゼル音で徐々に目が覚める。昨夜も21時頃には寝んだので充分過ぎる。 朝の早い時刻にひょっとして、と思いコンビニへマスクがあるか確認に散歩がてら向かう。道すがら何時も運転を惑わす朝日が綺麗に見えた。

太陽に向かっての通勤路。 今週は日曜祭日で月曜振替休日、火曜日は土曜日出勤の振替休日で火曜まで4連休。那覇行きを予定していたが色々あるのでおとなしく過ごす休日。


f:id:info-tino:20200223081839j:image

f:id:info-tino:20200223081849j:image

f:id:info-tino:20200223081847j:image

f:id:info-tino:20200223081843j:image

 

時刻は午前 07:28   冬が終わる。

 

ファミマ具志川店にもマスクは無いが体温計は秒単位の物がほぼ同価格(1500円程)で売られていた。

バゲットも無かったのでコッペパンと牛乳を買って張り込み刑事の様相で帰宅。

坂道を下りながら前の鳥島漁港を見遣ると古びた小舟と対比的な見事なエメラルド色の海、波を弾く沖合のリーフが海面だけ見ているとモルディブっぽいが全景は日本の萎びた漁港。面白く切なさがある。

f:id:info-tino:20200223100720j:image

朝食はコッぺパンサンドとインスタントスープ。

f:id:info-tino:20200223094634j:image f:id:info-tino:20200223094706j:image 

具は玉葱、キャベツ、人参、薄焼き卵、大方茎のブロッコリー、チーズ、沖ハム。 チーズが美味い。 コッペ3個でも具沢山 オープンサンドっぽく具を載せまくって、、御馳走様でした。

連休2日目、終日晴れ予報。

午後になり、コロナウィルスだらけのニュースショーも切り上げ、洗濯した寝具を裏返し、あまりの晴天に学校へ水遣りに出た。流石に部活生も居らず静粛の校内で干からびかけたインパチェンスと椿に水遣り。取って返した魚屋でハラゴを夕餉用に購入。

気温は21度を示し、明日も晴れるそうだ。幹線道路は走る車も少なく、街は静粛、路地裏で小学生が嬌声を上げるのが目立つ〝祭日モード〟。

あまりの晴天が似つかわしく無く。鳥島漁港の白堤防まで歩く。 海風は何時も通り強いが海は穏やか。 全てが不似合いな組み合わせの上で調和を保っている。


f:id:info-tino:20200223152050j:image

f:id:info-tino:20200223152045j:image

f:id:info-tino:20200223152040j:image

鮪のハラゴは赤身の刺身、酢飯と共に手ごねスプーン寿司で頂きました。 飽きない。

f:id:info-tino:20200223225025j:image

ウィルスは感染ルートの特定がもはや出来ず。諸外国の過剰にも見える対応が、根拠無き「自分は大丈夫」理論を押し退け、身近で感染者情報が出れば一気にパニックになる様相。いや一応は想定して置かないと。 学校と言う不特定多数の集まる場所で卒業式を控え、「オリンピックやばいね」では済まない事も。対中忖度や政治的失策だけが全てでは無いが、ANAホテルインターコンの記事でも読める政治、企業は正直で無いと生き残れないとの論法が日本的「あやふやな和」に取って変わる過渡期かな。

https://jp.reuters.com/article/china-health-usa-idJPKBN20F2T7

 

最悪を頭の隅に置いて、今日1日を生きよう。

朝日が差し込む季節 太陽は徐々に東へ 畳手脱皮前

新月間近のこの頃、朝日自体はまだ7時を回ってからだが空の明るさが増して来た。 出勤時の眩しさもまだまだ変わらないが朝日が早く戻ってきた気がする。春の訪れも近い。

朝の習慣で東を向いてコーヒーを頂く。

明るくなったら、切っていたソーラーライトのスイッチをONに戻し、充電する。

土曜休日の今朝はゆっくりコーヒーメーカーを洗い、日頃の感謝。そしてタップリ5杯分煎れる。

スイッチを入れて今日の天気を確認、洗濯日和で作業で汚れた衣類、タオル、ハンカチを纏めて洗濯。

朝日の中で洗濯出来る事はありがたい。1日が有意義に過ごせる気がする。

 

朝食には頂いた法蓮草&豆スープに学校ブロッコリーを葉っぱごと湯がいてチョイ足し。ポタージュが甘い。 飲薬には朝食が必要で食す。

f:id:info-tino:20200222122130j:image

京都勤務時代、朝の立ち食い蕎麦が懐かしい。

 

先日のワックス作業日の剥離剤の扱いとその後の用具、雑巾洗浄、洗濯で荒れた両手を見遣る。

洗浄、後片付け、用具の回収、交換等は翌日ようやく終えた。 ワックス作業日も何故かソロ業務だが翌日も連休前で多忙だが〝お休み〟ソロ勤務。居ても足手纏いとの声もあるが洗濯の合間に生徒が落としきれなかった教室のペンキ汚れをコツを説明しながら水と中性洗剤、スクレイパーで落としていると皆素手でやっている事に感謝と心配。原液を薄めて渡しているがアルカリは気を付けないと。 常に石鹸流水洗浄しハンドクリームを欠かさなかったがこの始末だ。やはり右利き、左手甲は軽症。畳石程度だ。

f:id:info-tino:20200222092845j:image 痛みは無い。多分ボロボロと皮が剥け変わるだろう。

開花3個目の久米絞もこの株では初の花を携え記念樹庭園の奥で順調に育ち。校内各所、他の環境で植えた株とは明かに違う。原因は何処にあるのか。追肥、水遣り加減は変わら無い。風の影響を受けるか否かか。


f:id:info-tino:20200222100006j:image

f:id:info-tino:20200222100010j:image


09:40 洗濯初回分を干し終え、17〜23度予測の曇天下で〝有意義な連休初日〟を一考。 暗いニュースが多い昨今。那覇を訪れる気にもなれず、念のため体温計を購入しようと近所に出た瞬間に大粒の俄雨に降られ、雨宿り。人分館寮生生徒に出会う。関東では学校教員の感染もあったようで被感染と感染源共に予防しないと。心配なのは干し終えた洗濯物。10分計の安価なものしか無かったが、時間は充分ある。ついでに薬局でマスクも聞いたが無く、ネハ家具に睡眠用の大きな物と小児用があった。

 

昨日の弁当は王道 ソボロ炒り卵 ソボロは糖分を足さず、出汁と醤油味 オリーブ油少々 美味い。

f:id:info-tino:20200222122829j:image



2月 月齢26日 薄い月 曇り時々晴 シルイチャー

学内ワックス作業日。 生徒、学生時代にこの経験が全く無い。 床材自体Pタイルで無かった児童の頃、油分のある床清掃があった事位だ。 今日は在校生1ー2学年全員授業が無く、大掃除を兼ねて行い、1年間お世話になった教室を清掃。音楽室、書道室、園芸科も行い皆ジャージで登下校。以前から備品や工具、床ポリッシャー試験、消耗備品の購入は済ませている、強アルカリの剥離溶液の汲分希釈配布が必要で家から1リットルのペットボトルを多数持ち込み、希釈元、希釈液と6クラス+特殊教室相当分用意。ペットボトルは余り買わないが炭酸水とドラモリの抽選であたった水のモノがあった。 以前の3年生だけの作業時は3クラスでも汲み分け、希釈配布が1時で結構大変だったので一部合理化した。充分用意して迎えた当日だが担当の美化委員の先生と2人して色々バタバタとした。 こんな忙しい日は想定していたが同僚が居ない業務は色々大変だ。 今日は通院日でもある。

希釈配布の合間に都度手を洗い流し、予防したがお昼には手荒れヒビ割れで手が突っ張ってきた。 生徒に配布するビニール手袋を要望したが不要と判断され、無いので自分だけ手袋をする訳にもいかず、13時過ぎに生徒の昼休みに合わせて昼とした。 給湯室で寝ていた同僚に血圧も急騰。 よくないよくない、リハビリに最も悪い「怒り」が顔を出しそうで晴れた外でお弁当とした。午後も入れ替わり訪れる生徒に薬品、防護策を施し配布、以後の予定の説明を繰り返し気付くと15時。 通院だ。 幸い学校から車で4分程の距離の久米島公設病院へ。 主治医も来年度は琉大へ戻るとの事。1年間お世話になりました。 帰りに丁度17時だったので学校へ寄り、生徒が備品を返しに来るので開けっ放しだった倉庫を鍵閉め、担当の先生に挨拶して引き上げた。

色々な思いで、どっと疲れた1日で風呂に入りたいが刺身屋でアオリイカのシロ烏賊(シルイチャー)と出会ったので帰宅へハンドルをきった。 「刺身でいけるが焼いたら美味しい」と伺ったので最初に網焼半生で少し頂いた。(ガスレンジのセンサーと格闘した分) 美味しく頂いた。 

炙った身と半生の身、二通りの歯応えに納得。続いて刺身でもいただいたが香りは炙りの勝ち、意図せず半生になったがこれが一番美味い。

f:id:info-tino:20200221024919j:image 

朝日 f:id:info-tino:20200221030750j:image
と夕陽f:id:info-tino:20200221030912j:image

徐々に朝日が早くなる筈だが実感が伴わない。 季節感自体がおかしいかと思い返すと、、

太陽月と向き合ってすらいなかったサラリーマン時代、これ迄の生活。 優先順位の変化に思いが至った。 草花木々太陽と月に感謝。久米仙にも。

 

木工と桜の2月 寒さは去ってもう暖かい

家庭科の被服実習室。ミシンが並ぶ部屋だ。ここの壁面に換気空調のスイッチがあるがプラスチック枠の素材劣化でボロボロと崩壊し出して中の基板も覗ける。交流電源に繋がっているので事故火災が怖い。 何処かで直流化されているのか不明な換気扇スイッチケース。6連纏めて木製枠で囲んで露出した基板電極を保護し、崩れ落ちるプラスチックを接触から防ぐ為の枠木でカバーした。。予算が無く、廃材残りビスで有り合わせ作成。 細部は素材割れや傷みが目立つのでニス加工で誤魔化した。 壁面の漆喰コンクリにビス留めだがハンマードリルの衝撃でもボロボロと崩壊した時は焦った。 覆い隠して誤魔化した。

 f:id:info-tino:20200220010344j:image

ニスのお陰で捨て置かれたベニヤのボロボロも隠され、中々好評。

お弁当は少し手抜きの冷凍牛丼の素と湯煎久米島モヤシ、園芸科卵のポーチドエッグのっけ飯。 中庭に咲いたのは梅では無く久米島の桜だった。 花の形が独特で濃いピンク色だ。

学校前の道路から見える様に横幕を3mずらした。 気遣いに気付いてくれるだろうか。


f:id:info-tino:20200220072720j:image

f:id:info-tino:20200220072717j:image

f:id:info-tino:20200222103111j:image

 

年度末期末考査最終日

火曜日 期末考査最終日 昼過ぎ迄の授業時間で早々と生徒一部が下校。 試験期間中断していた部活動に勤しむ生徒が数人居るが、このタイミングに体育館の照明LED化工事。体育館が今日から使えない、これまで2週間部活動禁止だったのに明けてから工事。 如何ともし難い理由があったのか、それとも手違いかミスなのか。考査期間の教室棟と体育館は距離があり、音は関係無い。工事の建設会社の担当者と話していてそう思った。外から覗いて帰る生徒に悲哀。


f:id:info-tino:20200219010918j:image

f:id:info-tino:20200219010922j:image

f:id:info-tino:20200219010914j:image

昼過ぎに椿の整備を終え、プール東側の雑木林の整備。雑草は夏場にほぼ刈り払い終え、芝刈り機を入れてからはほぼキープできている。芝刈り機の邪魔になる枯れた雑木と植樹して管理できていない古い木々を伐採。背を屈めないと入れない雑木林を踏み込める林に変えたい。ここは川も近く、ハブが怖い場所なので雑木林状態で雑草が生い茂ったままではボールが飛んでも誰も入れずミステリーゾーン状態だった。気長に刈り込みを続け、蜂の巣を取り除いてからは作業が進み、徐々に背の低い草だけになって来た。枯れ枝、露呈した荒れ根を徐々に取り除き、顔の高さの枝を整理し気軽に踏み込めるようにする。 表の植木を剪定整理してからは少し大胆さも加速し、邪魔な枝の伐採を進めた。あっという間に16時だ。道具を始末し、園芸科に貰った花の苗を花壇に植え込んで終業。本部棟に戻ると皆寒い寒いと言うが「動けば寒さも感じない」「働きなさい」と心中で言って躱す。

帰りに刺身屋でカジキと先日頂いたイカの煮た物を購入。見事にマーケティングされてもうた。刺身糸数の内間さん!

帰宅し昨日の鮪兜の残りをレンジで焼き、久米仙梅干お湯割りで一息。


f:id:info-tino:20200219005821j:image

f:id:info-tino:20200219005817j:image

f:id:info-tino:20200219005811j:image

f:id:info-tino:20200219005823j:image

f:id:info-tino:20200219005814j:image

焼いた鮪が香ばしい。 カジキと烏賊は酢飯寿司もどきで頂きました。

 

久米島高校 無人直売所 花の苗時々野菜も

久米島高校 園芸科の売り 新鮮卵 養鶏場を持つ高校として販売されている新鮮卵。 毎日の世話と管理が大変な養鶏場。10個230円で販売もしている(民業を圧迫しない普通の価格) 野菜は季節物で各種あるがブロッコリー1株、オクラ1袋 100円をよく購入。稀に冷凍加工の法蓮草、焼いて作るハンバーグの種、スモークチキン等がある。勿論 玉葱や緑菜もあり、中国から野菜の流通が途絶え気味な昨今では貴重かも。久米島蕎麦屋 やん小(ヤングア)主人が望んでいた久米島葱は今は栽培していないが、復活したら食してみたいものだ。

学校前の路面では無人販売所で概ね朝の10時頃から16時頃迄、花の苗、出荷時と重なった野菜が売られている。丁度バス停の場所で時折車を止めて購入頂く姿を見掛ける。 花の苗は島では結構貴重で、園芸祭や産業祭でも人気の商品だ。流石に要冷蔵冷凍品は出せませんが、これらが50円から出ているので通りがかった方は是非車を止めて見物下さい。

獲れ立てブロッコリーは湯がくと 美味しい!

 

f:id:info-tino:20200220003850j:image

先日、照明漏電の恐れがあり、厩舎で作業したが近くを通ると騒ぎ出す鶏達は何か懐かしく感じた。

貴重な卵さん。頂きます。

 

f:id:info-tino:20200222074649j:image

販売している苗と同じ物を学校のゴミ捨て場の雑草を刈った後に土壌改良して植えた。 少しでも綺麗に出してもらう為。 心を洗うインパチェンス

ヤギの落とし物肥料で良く育ちます。

 

 

 

 

週末 年度末 鮪大根 報連相

朝、曇りだが、ここ何日か暖かい気温14度でトレーナーは暑く感じ長袖Tシャツで丁度いい目覚め、毛布も足元にありタオルケット睡眠だった。 土曜日で可燃ゴミの収集日だがそれ程溜まってもいず、昨夕洗濯した着替類が夜風で乾燥しており、長ズボンを除いて取り込む。朝6時台に所在なげにコーヒーでも入れる。そろそろ空は明るくなった7時台。

小腹が空いて来たので鮪大根煮を温め直し、3日目なので少しグツグツさせて七味と葱で朝食。小骨がボロボロと煮崩れ、身と混ざりあって食するのに少し難いがホロホロ感と大根が相まって美味い


f:id:info-tino:20200215111504j:image

f:id:info-tino:20200215111540j:image

曇天だが明日は雨予報で週末が冴えない天気。

2月も中盤を超え、年度末が見えて来た。その前に卒業式、終業式。年度末の草刈りの燃料給油スケジュールとプランをシュミレーションし経費確認をした。回数と経費を睨んで立案しておくべきだろう。

高専の頃、レース艇整備の最中、年度末の経費凍結に何度か邪魔された覚えがある。生徒だったが自治の中、国の杓子定規で画一的なルール、前年を踏襲する職員の防衛本能に揉まれたからか骨身に染みている。 訊ねて初めて既に消耗品予算が勝手に決められていた事を知った。在庫確認も何も無かったが。 限られた回数で卒業式、入学式前の整備をするとの意味だ。 来年度は分からないが年度初めは執行出来ない場合もある筈だ。 己の範疇では無いが無策とコミュニケーションに関して疑問が残った。 綺麗に終えたい物だ。