海邦 1200トン 連休 長い旅路

久米島商船の新就航船 海邦 前のニュー久米島が廃船となり、導入された新船(改造船?) ー海邦。 琉球と同じ型だ。 今となっては何処と無く若潮丸に似たディーゼルの匂いのニュー久米島が懐かしい。


f:id:info-tino:20190812102815j:image

f:id:info-tino:20190812102801j:image

http://www.kumeline.com/sp/ships/

朝の便は兼城港09:00発、朝家を出てファミマでおにぎりを買い、ついでに高校へ寄って水やり。 既に強風で向日葵が耐えていた。 昨日風対策の新たな4本支柱を4方に立てリンクの様に紐で囲っておいた。 早朝の学校は流石に無人だったが駐車場に車が1台。 誰か来ているのか。

一回りして高校を後に兼城港ターミナルへ。 車は港の駐車場、台風が想定されるので水際から出来るだけ後方に留めた。 それでも岸壁だ。無事でいろよ。


f:id:info-tino:20190807114918j:image

f:id:info-tino:20190807114921j:image

乗船して中を見ると琉球との違いが分からない。 そっくりだ。曇天の下定刻出航。 一刻さようなら久米島

海はウネリで結構荒れており、波しぶきが窓を濡らす。

座席は下の階の前方、デッキ奥に自販機と和式客室、上の階にメイン客室。  ここは2例席で後方は遠慮なくリクライニングが出来、足元にコンセントアウトレットがある。充電しながら旅しよう。 船内で事務長と出会う。偶然だ。

フェリー、バスで沖縄県内帰省との事。

大阪まで余裕を見て組んでいるが帰りが台風に合うかもと話して別れた。 軽い挨拶程度の世間話だ。

那覇への海路は畝りが残る海に多少揺られ、ほぼ定刻通り那覇泊へ。 泊ターミナルからユイレールの美栄橋駅へ徒歩5分程、ユイレール300円、所要10分程で那覇空港LCCの第2ターミナルはそこからバス待ち、移動で更に20-30分はかかるが利用したジェットスターは通常の第1ターミナル発なのが嬉しい。チェックインはモバイルで済ませてあり、委託手荷物も無いので保安検査後そのままゲートでいい。 少し余裕があったので那覇空港のプライオリティーパスラウンジへ。到着階1階にあり混雑の手前なのでギリ出発には不安もある場所だ。コーヒー1杯で一息。手荷物の中身、飲料などを検めて出発。

委託手荷物は有料なので無し、離陸80分前には保安検査(15分)を終え、何とか無事に帰れそう。 機内手荷物7キロ制限内だが1日担いでウロウロしていると疲れも出てきた。

ゲート前で大人しく搭乗を待ち。さすがの夏休み、徐々に混んできた。 通路側席を選び、子連れでも無い私はいつも最後の搭乗組だ。

機内は飲食エンターテイメントが無いのは我慢できるが冷房が効き過ぎ、動いている乗務員も寒そうだ。羽織る物を忘れず用意。

20分程の出発遅れをやや取り返して関空到着。

到着はエプロンでなくバスでゲートへ2-3分。

関西も蒸し暑い夜でした。南海から大阪メトロ、江坂公園を歩く己れは自身が物語の中にいる登場人物のようで現実感が薄かった。

コンビニとドラッグストアへ寄り、薄い現実感で帰宅。

 

平穏な日、 次々発生する台風

またもや台風の心配だ。

このお盆の時期に続けざまで襲来の可能性。ライフラインが止まった時の生き残る術を 一応 考えておく。校庭に剪定したい木々も多いが松は台風シーズン後とされているが電線に接触しそうだし。 

とりあえず休校日もあり、今の内に済ませるべき業務を潰していく。

広い芝生もカット時に傷んでしまうが今切っておかないと横に伸びず、禿げて砂を張った箇所も回復しない。 f:id:info-tino:20190807005822j:image
芝刈りは、難しい箇所も多く、まだまだ未熟だが回数と丁寧さで補う。綺麗にしていくとある種の快感を伴う。機器のメンテナンスも何度かの停止で学習し、プラグのカーボン清掃を怠らなければほぼ一発始動だ。エンジンも突き詰める楽しさはある。

 

f:id:info-tino:20190807010440j:image弁当に頂いたモズクの天ぷらを乗せて。 元々はオクラのナムル卵丼だった。
f:id:info-tino:20190807010433j:image
先の週末は好天に恵まれ、寝具一式も洗濯天日干し。 風も強いが気持ちいい天気で、乾燥が早く、天日の温もりも感じられ、夜は冷えてくれ申し分無い。 物干しデッキで椅子にかけて過ごす午後は快適この上ない。台風さえ来なければ。 

 

 

 

優しい無責任

8月もお盆が近づき、日々陽射しが根底から持ち上げる様な熱量の力強さを帯びて来た。

日中のアスファルト上は薄い靴では持たない。太陽の熱量を体感できる。 

体育祭へ向け、朝礼台の改修施工も概ね目算が立ち、傷んだ上板を取り外し、鉄の支柱の塗り替え準備をグランドでしていると灼熱加減を肌と足底で感じた。「焼けるような暑さ」だ。

昼時には一転俄かに雨が降り、雨模様の午後は教室の建具を補修、修繕した。

強い雨が涼をもたらすが此れも一時の事、雨後の曇り空から晴れ間が覗くと急に湿度の高い蒸暑さに変わった。風も止んだ。

教室棟の3階、1年生階の各室を確認し終え、接着剤の毒気を癒す為に窓を開けたが、海が近いこの場所でもそよ風程度しか無く、蒸し暑さに満ちた空気の中、蝉の鳴き声だけが響く。

夏休みの学校。

ここで熱中症になったら見つからないかな?

事務長に借りて来たマスターキーだけがヒントか、、と思いを馳せた。ボンドでボーっとしている隙は無い、「危ない、危ない」と我に返り戸締まりと手仕舞いを始めた。

中庭の花壇に植えた向日葵が唯一生き残った。

その縁のネット沿に朝顔の種を蒔いて仕事を終えた。

夕食は刺身屋で烏賊刺とカジキの切り身を購入カジキは生でもいけるとの事、刺身かグリルか煮付けか悩む。 幸せな悩みだ。添え物次第だ。

家には大阪から郵便分が届いていた。郵便局員が悩んだのか、荷物はコンビニ袋に入れられてドアノブに吊り下げられていた。 ポストは小さく、取り付けも心許ない。多分両面テープ施工だ。 不動産屋にはアンカーを打つ必要があるので許可を得る連絡を入れていたが返答なく勝手に施行されていた。無責任、逃げと言葉が浮かぶがこんなケースは問い詰めていた己と今の流す己の両面を考えた。 何方が正しいのか、楽に流れるのは容易だが、優しさと無責任の履き違えに注意。かわいそうなのは郵便配達だ、コンビニ袋を元々持って来ていたならいいが、2往復した場合、ここは外階段のみの3階だ。今日は雨もあった。

 

f:id:info-tino:20190804234353j:image

 

 

 

 

Scheduled harmony

郵便転送で大阪府南岸の固定資産税納付書を受け取った。  一括納付して無かったか?気になったが、取り急ぎ2期目の納付期限前に払って置いた。 リハビリ生活は何処で暮したとしてもほぼ持ち出し生活を覚悟していたが、ここに来て公的期間雇用の微々たる収入が日々の暮らしの糧の補助になっている事を認識。 自宅外の家賃、光熱費、食費等余分に掛かった費用の足しにだ。

固定経費の多くは何処で暮らしていても変わらず掛かる。 前年度年収を基に課される国民保険費用も減免を申請、就業した収入が低い分抑えらるように交渉。求職中の健康保険の免除

。 現在は現収入に基く算定で雇用元負担分を差し引いても安価この上ない。

元々新たな就労等想定していなかった。 治療と命を繋ぐ事しか考えていなかった(考えられなかった)が、病を抱え、健全な時の反射、反応をしない脳で生きて居てもただ生物的に生存しているだけで、人間として自我の喜び、感動、悲しみを伴わない生存に意味が無い事を知らされ、今に至る。 病と向き合うのは結構シビアだが、自分のやりたい事、好ましい環境を選び、克服し易い環境に己を置いてみる。

島での暮らしは不合理な事もあるが自然の近くで素朴で保守的(コンサバティブ)な人達に触れ、自身ではリハビリ、スポーツジムと思って仕事に精を出す。これが島の人達にも良く受け取ってもらえる様であれば、精神的満足感、充実感も伴い、リハビリには更に良い事となる。

時には稚拙なテレンテクノに辟易とし嫌な気分になるが、元来私は仕事プライベート両面で相手に求めるものが高く、其れが外れると苛立った。己の加減を相手に求める癖があった。此れは何処に居ても自ら克服するしかない。

フロンティアspiritのつもりで、このリハビリ生活を選択したが、自身は元来保守的なのかもしれない。 音楽の好みは、車には40年前に初めて買ったアルバムが形をCDに変えて今でも入って鳴っている。

生活はScheduleされた案件を日々こなし、同じような魚料理を戴く。その中に満足感を見い出す。

f:id:info-tino:20190803020630j:image

 

ソーラー 空 星空への期待 ほぼLive

そろそろ新月手前で月が薄眉の様に細く、日本人の目になってきた。星空が見ものだ。

引っ越して来てすぐ台風5号の接近があり、バタバタしていたので今週はゆっくり掃除、新居周りの探索だ。 旧宅も見える程の距離だが通勤は家前に停めた車なので近所を歩く機会は少ない。 直ぐ南側が漁港で此処に車を停めた事もあるが台風時は心配になった。塩害もある。

部屋の北側は信号機のある交差点で北上すると具志川庁舎だ。あまり行って無いがコンビニも意外と近く、歩いてみて5分掛らなかった。ファミマだ。刺身屋、スーパーで手に入りにくいパンがある。フランスパンは無いがソフトバゲットが嬉しい。200円。

その手前に太田郵便局、オリオンビール代理店、伊藤園の自販機は欠品が多い。

簡単な立食い蕎麦屋でもあれば通うな。

f:id:info-tino:20190727110459j:image

家の西側干し場、玄関からコンビニ横交差点を望む。

南側洗濯テラスから屋上に向かう突っ張り洗濯干し場。南側。 快晴だ。

シーツ、タオルケットを天日干しながら午前の風を楽しむ。


f:id:info-tino:20190727110740j:image

f:id:info-tino:20190727110813j:image

夕陽は星空を予感させる好天。

f:id:info-tino:20190727192129j:image f:id:info-tino:20190727192132j:imageシャワーも水で充分温かい。料理の時に違和感を感じ、直ぐシャワーを浴びた。 ありがとう、太陽。

f:id:info-tino:20190727193230j:image サンセットは19:30

f:id:info-tino:20190727193300j:image

昨日のマグロと大根、野菜(筑前煮パック)の煮込みがどうも美味く無いのでトマト缶、ブイヨン、ニンニクでアクアパッツァに。貝は入れずマグロメイン。オカズにはなる。

f:id:info-tino:20190727205124j:image

 

 

睡眠サイクル イレギュラー

最近寝む時刻は20-22時頃。特異でも無いが入浴、夕食、晩酌、洗濯を終えると肉体的疲れからか簡単に寝入る。其れが問題。早い時間の寝入りは早い覚醒へと繋がる。

夜半02時頃に目覚めてしまい、寝付け無くなる。 以前は朝まで熟睡していたが、酒の習慣が戻り、変な時刻に起きる事が増えた。気候は結構涼しく、京阪神の蒸し暑さより幾分か過ごしやすいが、起きてしまう。寝酒、ナイトキャップで諭す事もあるが、03時は微妙な時刻だ、06時には起きてシャワー、弁当を入れる。日中忙しく身体を動かしているのに支障があれば嫌だと気になる。贅沢な悩みだが、悩み事である。

 

そんな中の週末に向かう金曜日はバタバタと用務を進ませ、雑草で覆われていた研修館裏の屋外炊事場を手入れした。川も近いので蛇も心配な雑草を長靴を武器に刈り払い一掃。妙に邪魔にに伸びた松の下枝と共に排除。

雑草が茂っていた為か藪蚊も多い。 通風を良くして改善を図る。 蔓草で覆われたバーベキュー炉や水道周りも姿を見せた、炉はいくつかの耐火レンガが既に朽ちており、着火まで未明だが水道は無事に回復した。

すると作業を見ていた週番の1年生から研修館内の洗濯場の排水が悪い旨連絡があった。洗濯機も直に置いてあるので排水が悪いと排水時に水浸しだと、具合が悪い。 週明けの確認として報告のお礼を言って本日は終えた。時は17時丁度、日報を書く時間が無いが急ぎ道具類、排出ゴミを仕舞って終えた。

金曜日で事務官は2/2既に居らず、事務長が退屈そうにしていた。早いよ、仕舞うのが。

 

帰宅途中でイラブチの刺身450円、魚フライを購入、フライはほのかに温かい。白身魚のフライ、妙に美味い。価格は5切で350円だった。

火を入れる旨さも再認識し、前に冷凍していたマグロアラを大根、出汁と煮込んだ。烏龍茶の煮出しと共に一旦火を下ろし、明日以降週末にゆっくり食そう。

f:id:info-tino:20190727102240j:image
f:id:info-tino:20190727102243j:image

 

 

 

 

曇天予報下の晴天 風力2 暑い日 利発な子と情けない大人

本日は図書館の雨漏り探求で屋根裏作業とリサイクルセンターで枝葉の廃棄をし、色々疲れる作業で15時上がりなので久し振りの入浴へ。 想定外に血圧計が故障中だったがゆっくり出来た。

夏休みで流石に貸切では無く、数組の観光客がいたが、サウナ中に置き場からスマホ持ち去り(フロントに届けられた)事件以来。「こんにちは」と声掛けして国籍を探るようにしているハムニダ。

全身の弛緩は何物にも代え難い。充分リラックスし何時もの1時間で後にした。仲里のエネオスで洗車機を見つけ、水洗い700円との事。今度台風後足回りの洗車に伺おう。

駐車場所が海に近いので必要経費だ。

f:id:info-tino:20190726013657j:image

作業の都合で13時過ぎからの昼食となったが見知った生徒が日直掃除当番中に具合を悪くして給湯室に現れた。職員のお昼時はとっくに過ぎていたが用務同僚も保健士も行先不明不在で椅子に座らせて冷水を与える事しか出来なかった。 良く事務棟に来たと褒め、家族に連絡させ、迎に来させて帰した。子供が一番しっかりしている。熱中症は気付いた時は遅いと諭し、充分注意させ。 教頭に危機管理の問題点を指摘し、外出時のボードがあるのに使われていない現状と最低限の責任感を説いた。離席ボードを用いると決めた理由があるはずだ。 事故後では遅い。