6月も終わる

快晴 だが湿度も高い。 

引っ越し作業も佳境。 日々暮らしながら楽に越せると思ったが、光熱費、調理、シャワー洗濯を旧住居で賄おうとすると必需品の移送か否かの判断で悩む機会も多い。一気に越せば、その心配は必要ない。 そんな気分を晴らす様に天候は晴れ、南風で湿気を帯びているが、陽が差す場所では軽やかだ。梅雨明けか。

 

今後は台風を念頭に保存食、水を重点的に備えよう。 新居は通風がいいがにわか雨対応に窓を閉めると湿気がこもる。

建物自体か?  カビの発生を抑える為には細やかな通風管理と掃除が欠かせない。 掃除機と高中正義をデュエット掛けしながら南国とはこうゆうものだと妙に納得して作業を進める。

もう7月近い。

京阪神間での暮らしは確かに快適だった。近所にはコンビニ、百均、家電家電量販店、ホームセンターがあり、輸入食品や名物も容易に落手出来、車はボロくても憧れた名車で日々快適だった。 そこに物足りなさを感じたのだから仕方ない。

男子の憧れの一つに、うらぶれた下町のボロアパートに暮らし、日々暮らしの為だけの労務で、仕事終わりの缶ビールを楽しみにする暮らしがある。 一部定番の憧れだが、日々を個別に切り取った様な暮らし、其れには目に見えない欠点やダルく辛い事もあるだろう。 カビ対策もそうかな、と思いを馳せて過ごす。

高中のリフは明快で、お決まりのメロディー、落ち着いて欲しい箇所で落ち着く売れ線音符だが、

何処か物憂げでもある。

f:id:info-tino:20190630110401j:image

 

f:id:info-tino:20190630121114j:image

お昼はソデイカ焼きソバ

夕食はソデイカトマトパスタ

タバスコと粉チーズは旧宅のままだ。。

f:id:info-tino:20190630214204j:image

 

f:id:info-tino:20190630095358j:image