長過ぎた雑草と休暇

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

身近では〝特大GW〟は少し長すぎた感想が多い。 勤め人アルアルだろう。

贅沢ではあるが過ぎてしまえばこんなものであろう。

夏冬の休暇のリハーサル、シュミレーションと捉えて如何でしょう。

本番では何を求め、何をしたいか。

「長過ぎた」ではつまらない。

今年の夏は何をしよう?

 

今朝は連休明け2日目、朝から曇天で梅雨も近い。

f:id:info-tino:20190508235945j:image
朝7時で陽射し、雨共に無いが風はそこそこ、雲の流れはある。

通常通り徒歩にて出勤。

お昼もいつも通り、お弁当。

f:id:info-tino:20190509000410j:image

明日の一般公開イベントへ向け庭木の体裁を整える。

f:id:info-tino:20190509000537j:imagef:id:info-tino:20190509000611j:image
f:id:info-tino:20190509000622j:image

手入れ無く、椿に絡まる蔦の様な雑草が手強く、引っ張っては伐採を繰り返し、傷んでいた株に空気を通すと隠れていた花も元気を出してくれる。

下草を整えると、多少観れる様になった。毛虫に弱っている株もこれで元気になってくれれば。

次は松などの高い木々だ。次ね。

夕刻定時終業。 帰宅。