今日、会社を辞めました。(個人忘備録日記です)

不摂生からの疾病にてリハビリ生活の為 今日、中年退職しました。

4連休2日目 晴 洗濯日和 Unnatural harmony

今のメディカルキット、手肌クリーム、抗生物質クリーム、体温計、マスク、飲用中お薬、日焼け止め。

f:id:info-tino:20200223084317j:image

 

日曜朝、何時もの時刻に小鳥が囀り出し、次いで鶏が鳴き始め、バスか大型車が通るディーゼル音で徐々に目が覚める。昨夜も21時頃には寝んだので充分過ぎる。 朝の早い時刻にひょっとして、と思いコンビニへマスクがあるか確認に散歩がてら向かう。道すがら何時も運転を惑わす朝日が綺麗に見えた。

太陽に向かっての通勤路。 今週は日曜祭日で月曜振替休日、火曜日は土曜日出勤の振替休日で火曜まで4連休。那覇行きを予定していたが色々あるのでおとなしく過ごす休日。


f:id:info-tino:20200223081839j:image

f:id:info-tino:20200223081849j:image

f:id:info-tino:20200223081847j:image

f:id:info-tino:20200223081843j:image

 

時刻は午前 07:28   冬が終わる。

 

ファミマ具志川店にもマスクは無いが体温計は秒単位の物がほぼ同価格(1500円程)で売られていた。

バゲットも無かったのでコッペパンと牛乳を買って張り込み刑事の様相で帰宅。

坂道を下りながら前の鳥島漁港を見遣ると古びた小舟と対比的な見事なエメラルド色の海、波を弾く沖合のリーフが海面だけ見ているとモルディブっぽいが全景は日本の萎びた漁港。面白く切なさがある。

f:id:info-tino:20200223100720j:image

朝食はコッぺパンサンドとインスタントスープ。

f:id:info-tino:20200223094634j:image f:id:info-tino:20200223094706j:image 

具は玉葱、キャベツ、人参、薄焼き卵、大方茎のブロッコリー、チーズ、沖ハム。 チーズが美味い。 コッペ3個でも具沢山 オープンサンドっぽく具を載せまくって、、御馳走様でした。

連休2日目、終日晴れ予報。

午後になり、コロナウィルスだらけのニュースショーも切り上げ、洗濯した寝具を裏返し、あまりの晴天に学校へ水遣りに出た。流石に部活生も居らず静粛の校内で干からびかけたインパチェンスと椿に水遣り。取って返した魚屋でハラゴを夕餉用に購入。

気温は21度を示し、明日も晴れるそうだ。幹線道路は走る車も少なく、街は静粛、路地裏で小学生が嬌声を上げるのが目立つ〝祭日モード〟。

あまりの晴天が似つかわしく無く。鳥島漁港の白堤防まで歩く。 海風は何時も通り強いが海は穏やか。 全てが不似合いな組み合わせの上で調和を保っている。


f:id:info-tino:20200223152050j:image

f:id:info-tino:20200223152045j:image

f:id:info-tino:20200223152040j:image

鮪のハラゴは赤身の刺身、酢飯と共に手ごねスプーン寿司で頂きました。 飽きない。

f:id:info-tino:20200223225025j:image

ウィルスは感染ルートの特定がもはや出来ず。諸外国の過剰にも見える対応が、根拠無き「自分は大丈夫」理論を押し退け、身近で感染者情報が出れば一気にパニックになる様相。いや一応は想定して置かないと。 学校と言う不特定多数の集まる場所で卒業式を控え、「オリンピックやばいね」では済まない事も。対中忖度や政治的失策だけが全てでは無いが、ANAホテルインターコンの記事でも読める政治、企業は正直で無いと生き残れないとの論法が日本的「あやふやな和」に取って変わる過渡期かな。

https://jp.reuters.com/article/china-health-usa-idJPKBN20F2T7

 

最悪を頭の隅に置いて、今日1日を生きよう。