今日、会社を辞めました。(個人忘備録日記です)

不摂生からの疾病にてリハビリ生活の為 今日、中年退職しました。

under careful consideration for myself

朝、日の出を浴びて起床。

曇天で気温も高くない。西の風約5m。

鼻を擤み、ついでに顔を洗い。

コーヒー豆を入れ変え、水を挿して煎れる。

祭日月曜日の朝だが連休なので一抹の不安があり、近所の様子を伺う。 学校へ通う子供の嬌声が聴こえず、安心してコーヒーを待つ。

予報では、終日曇天らしい。気温風も変わり無い様子。 南側の水面を見渡すと平水で風波も少なく行き交う漁船も無い。魚競りが無いのだろう。

月曜日でフェリーも朝の1便だけのはず。 静かな祭日になりそうだ。

部屋に戻るとコーヒーがそろそろ煎れ終わりそうだ。 カップに少し取り、頂く。

熱いコーヒーにミルクを少し足し、冷ましながら頂く。 昨夜、途中で消した音楽の続きを聴く。

寝る為のスローでドープな音楽で、気持ちいい朝にはそぐわないが曇天らしいとそのまま流す。 

少し動くと鼻水が止まらない。湧き出すと言うより夜に溜まった物が流れ出ている感覚。 昨日日中久しく入浴し、風邪中の汗と汚れを洗い流しスッキリした。様子を見ながらもう一度クシャミ加減で鼻を擤み、腹具合を確かめる。

風邪がぶり返しては無い。鼻もスッキリしている。腹も減っては無い。 昨夜就寝中に3回はトイレに起き出し、小用を済ませた。薬の成分に利尿作用がある為、レギュラーでこの位だ。 日中も幾分か用足しが多くなる。血圧降下に頻尿は逆効果で無いかと常に思って居るが、薬を幾つか試し、選んだ経過から飲用している経緯を尊重している。 

椅子に座ったまま両肩と背骨腰を少し動かし、何日か続いた重怠い熱の感覚が無い事を確かめ、ストレッチ(流血解関節?)を即す。

開けた窓からの微風が少し寒く思え、心持ち窓を閉め加減にし、トレーナーの上からダウンベストを羽織り。何かを食べて薬を飲まないと、と思い、冷蔵庫チェック。

冷凍していた鮪アラを取り出し、迷いがありながら解凍し、フライパンで焼き蒸しながら残り野菜を眺め、大根人参、葱と和野菜冷凍(煮物用牛蒡蓮根小芋)を取り出し、焼き目がついた鮪をそのまま焚き、野菜と生姜辺、水を差して油、焦げ、灰汁を取り除いた。 一煮立ち、油分の何度か取り除いた後、出汁と青葱、味噌を加えて鮪アラ潮汁にして頂く。葱と生姜が強い。風邪で弱った体に良さそうだ。

f:id:info-tino:20200113115618j:image

f:id:info-tino:20200113115549j:image

ブランチ後、昨日寄り分けて1日分毎に分封した薬を頂き、コーヒーも頂く。 贅沢に休日の朝を過ごしながら、今後の己に何が重要か改めて考える。

身体と相談し、ゆったりした時間なのか、いろんな欲を満たす仕事なのか。 我儘な遺伝子は無い物ねだりだ。 贅沢で平穏な時間には虚栄心や満足感を満たす仕事を望み、逆も起こり得る。Jazzを聴く夜も有ればハードな音楽に溺れたい夜も有る。

コーヒーが進む。3杯は飲んだ。飲み過ぎだ。気分を変えてお湯を沸かし烏龍茶を煎れる。

身体を温め、思考をリフレッシュする。

一味足りず、柚をひと掛け足して柚烏龍茶にして頂く、温かさに誘い出された柚の酸味と香りが美味い。 お茶は気分を変えるのに都合がいい。休日は色んなお茶を取り留めなく頂く、途中混じっても気にしない。ブレンド茶だ。

体調は持ち直しているが稀に咳をしたくなる。 無理からでも咳を出したくなり、エヘン虫なのかわざとらしい咳をする。 それでも咳をしたい欲求には勝てない。咳き込んで喉を鳴らすと落ち着く。

不思議だがあり得るよなと考える。

風邪の一時期だけの不思議な欲求、身体が求める事には何か意味があるのだろう。 身を委ねて過ごそう。