台風一過 洗濯全稼 週末

台風は少し西側を通過したものの、久米島接近は9/05の深夜、不安と風切り音の夜だった。高潮は沖合のリーフのお陰で海岸線からかなり沖合で波が弾み、勢力を削がれてから襲来したので助かった。少し山手に逃がした車も無事だったが強烈な風は海面上で海水を巻き上げながら吹き付け、風を受けると自然と波飛沫を受ける事になる。 南側を海に面する我が家では南風に乗って塩害も吹き付ける。 日本海側に住んでいた頃は北側からの海風を浴びたが、風は海や川面から受容赦無く吹き付ける。On shore.

陸風 Off shire を受けた覚えが無い。

 

警報が解除され、朝から強風下を飛ばされそうに歩く小学生が頼もしい。 高校の生徒も順次登校してきた。中断していた体育祭の準備と台風の被害を見て回る。大王椰子の葉も青いまま根元からもぎ取れていた。ペイント中の物々は結構悲惨な状況だが順次回復させる。

昼は玉葱とオクラのグリーンカレー、カレーにすれば、なんでも美味しい。カジキの切り身がストックに無く、タンパク質は大豆と鶏肉。

台風で控えていた洗濯を片付け、曇天がちだが稀に晴れ間が覗く雲の動きがプラネタリウムのムービーのように早い強風下で干す。f:id:info-tino:20190907095937j:image

体育祭、マラソン練習とイベント事が続き、予定が埋まりがちだが、やる事が多いのはありがたいと理解し、忙殺されて大意を見失わない様に注意したい。