7/19金曜日 台風5号通過

台風は沿海(遠海)通過中かまだ接近中かよくわからないが、朝には雨が上がり、時折の突風雨とbasic強風のみ残る。空は曇天。

学校では大王椰子の葉が落ち散乱、勿論他の葉木枝も沢山飛ばされている。

その中、教頭と一緒にグランド南側、海側の防風ネットを下げに回る。

作業は1時間足らずだが強風に弄ばれた中年2人はヘトヘトになり、途中から雨にも祟られ、ビショ濡れた朝だった。強風下でヨットのセールを下ろす作業と似ていた。

日中は雨水の染みた図書館やガラスの割れた非常階段前を封鎖程度、昼からは終業式と大掃除でバタバタと節目の日を終えた。

丁度1時間遅れで昼食を済ませ、海を見やると沖のリーフで白波が跳ね上がるうねりが絶え間無く押し寄せ、跳ねた波を強風が跳ね飛ばす様は地獄図絵さながらで、あちこちの渡り廊下は突風が吹くと真っ直ぐ歩くのも困難で、斜めに流されてて雨を喰らう。とても一過後とは言えなかった。昨夜は吹き込む雨を心配し、窓を全て閉め、部屋内の蒸暑さに閉口し、扇風機を回していた、強風下なのに。人間って不可思議。

夕刻終業すると終業式を終えた生徒さんたちがどこか浮かれている。僕は聞かれる度に明日からも仕事だと返答し、夏休みの勉強の重要性を説いた。 暑いと答える子には図書館を進め、恵まれている現実を認識させるよう努めた。

 

夕食は新居近くの刺身屋でガーラの刺身を購入。昨日園芸科で買ったローストチキンは冷凍として白身の鮮魚を500円分頂いた。

f:id:info-tino:20190720113505j:image

久米仙と共に。